中村勘三郎さん追悼の会

今頃とは思いますが、書こうと思いながら書けなかった「中村勘三郎さん追悼の会」について

お付き合いください


昨年の11月14日まつもと市民芸術館で行われました


中村勘三郎さん追悼の会_R


中村勘三郎さん追悼の会_1_R


立川談春さんが呼びかけて実現したものです
立川談春さんの「赤めだか」を勘三郎さんが読んで感動しそこからお付き合いが始まり、いろいろ
教えてもらっていたところだそうです。これからという時になくなられてしまったとの思いからと、
立川談志師匠の追悼の会を中村座て催していただいたお返しの意味もあったようです。

立川志の輔・談春・さだまさしの皆さんと勘三郎さんでゴルフをされたことがありその縁で今回の
会に集まられたそうです。

そして、コクーン歌舞伎の仕掛け人でまつもと市民芸術館の串田和美さんがゲスト。

なぜ、まつもと市民芸術館が会場なのかは、中村屋のファンならご存知のことですが、体調不良からの
静養から復帰されたのがこの舞台ですし、サプライズ出演でしたが、最後の舞台もここでしたから。

中村屋_1


中村屋
「天日坊」楽日


チラシのを見てください
開演17:00 (20:30終演予定)と、あります。予定ですから決定ではありませんので
結局4時間30分の長丁場になりました。

その、最高に楽しく(追悼の会なのに楽しいなんて書いて良いのか)すばらしい内容は明日書きます。



ポチッとお願いします



にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment