倉敷・尾道弾丸ツアー その6

倉敷・尾道弾丸ツアーの続き

今回から広島です

福山市 鞆の浦


倉敷・尾道弾丸ツアー その5

あの「崖の上のポニョ」はこの海をイメージしたのだそうです


倉敷・尾道弾丸ツアー その5 _1 - コピー

福禅寺・対潮楼
福禅寺の客殿として元禄年間に建てられたもので江戸時代には朝鮮通信使の一行が宿泊した迎賓館となっていました。大広間の座敷から眺める弁天島・仙酔島など瀬戸内海の景観は素晴らしく朝鮮通信使の李邦彦は「日東第一形勝」と称賛しました。
 境内は国の史跡に指定されています。(広島県観光HPより)

倉敷・尾道弾丸ツアー その5 _2

その絶景がこちら


倉敷・尾道弾丸ツアー その5 _3

こちらは、いろは丸事件の折 坂本竜馬が紀州藩と賠償の談判をしたところだそうです

「ポニョ」の縁からでしょう、宮崎監督がデザインし「御船宿 いろは」として営業しています


ポチッとお願いします



にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment