蓼 科   の   風 光

長野県 蓼科の風と光を写真にこめて、コーギーの「あんず」とともにお届けします

初夏の雪 

初夏の雪
さすがにこの時期雪が降るわけもなく「夏の雪」は冗談ですが

写真でみても雪のようでしょ


初夏の雪.1
雪の正体は

この綿毛・・・・・少しの風でもふわふわ舞ってきます







宮部みゆきさんの「桜ほうさら」読み終わりました。
父親の汚名を晴らすため主人公は江戸へ上りいろんな人と出会い事件に巻き込まれます。
気楽に読めるほんわかした物語かと思っていると最終章で意外な結末を迎えます。
途中、捕り物帳のような展開や、暗号解読が入ったりと楽しませてくれます。
濡れ衣を着せられたのがなぜ主人公の父親だったのか?
「桜ほうさら」の題名は甲州の方言「ささらほうさら」から
ささらほうさらは「いろいろあって大変だった。」の意味でしょうか。甲州に近い茅野でも使う人がいます。
私のイメージではただ忙しいだけでなく、次から次と難儀なことが押しかけてくる感じです。
「きょうは忙しい一日でささらほうさらだったは」みたいに使います。
「ソロモンの偽証」3冊が出版されてすぐこの作品。連載されたものに加筆されたそうですが、すごい仕事量ですね。レベルが高いところで安定しているすばらしい作家さんです。



ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 写真

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinefunne.blog.fc2.com/tb.php/496-7d5876bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

<>