蓼 ―たてしな― 科 の   風 光

長野県 蓼科の風と光を写真にこめて、コーギーの「あんず」とともにお届けします

きたやまおさむアカデミックシアター 「加藤和彦物語」 

きたやまおさむアカデミックシアター 「加藤和彦物語」に行って来ました
加藤和彦物語

北山修さんいついてはこちらをご覧くださいきたやまおさむアカデミックシアター


50代後半以降の方なら北山修さんをご存知と思いますが、60年代ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーで「帰ってきたヨッパライ」などのヒット曲を発表、わずか1年で解散した後は「戦争を知らない子供たち」「あのすばらしい愛をもう一度」などを作詞、また、深夜放送のDJ、作家などで活躍していました。その一方で京都府立医大を卒業し、内科医研修後イギリスへ留学し精神医学を学びます。帰国後臨床で心理療法をするためマスコミからは身を引きます。九州大学の教授を2010年退官その前後からザ・フォーク・クルセダーズなどの活動を再開しています。

今回のテーマはザ・フォーク・クルセダーズのメンバー加藤和彦さんです。
加藤和彦さんが、自死してからもう3年半がたってしまいました。
北山さんがようやく加藤さんを語れるようになったのでしょう。

加藤和彦物語2





加藤和彦物語3




加藤和彦物語4

ロビーに飾ってあった加藤さんの写真です



加藤和彦物語1

いつものように講演とコンサートの2部構成かと思っていたのですが、最初から坂崎幸之助さんが登場しトークの間に歌が入る構成で1部がアマチュア時代2部プロになってからでした。(坂崎・アルフィー・幸之助さんは2002年1日だけ再結成した時ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーになり、加藤さんと「和幸 」と言うユニットで活動していました。加藤さんの最後のステージも「和幸 」でした。)
アマチュア時代のメンバー平沼義男さんや松山・作詞家・猛も演奏トークに加わりました。

演奏メンバーに石川鷹彦さんがゲストで加わっただけで、十分うれしかったのですが。(「あのすばらしい愛をもう一度」「花嫁」のイントロを聞かせてくれました。)
坂崎さんの物まねから(「22歳の別れ」石川さんのイントロ付き)サプライズで南こうせつが登場するし、アンコールにはなんと瞳・タイガース・みのるさんが登場し、「あのすばらしい愛をもう一度」を全員で合唱。(アマチュア時代京都のジャズ喫茶で同時期活躍していたそうです)

坂崎さんには加藤さんが降りてきたようで、加藤さんが歌っているとしか思えないほどそっくりでした。
ラスト近く、加藤さんの衣装がたくさんステージに降りてきたときには、涙が出そうでした。この時演奏していたのは「手と手と手と手」と言う曲だと思いますが、加藤さんの残した音源に生の演奏をかぶせたことで、より加藤さんを思い出させました。

加藤さんの自宅に行ったときスタジオ内はまったくきれいに片付けられ何もなかったそうです、覚悟を決め準備をしてからの行動だったのでしょう。前の夜に北山さんは酒を飲む約束を電話でしたんだそうです。たまらない話です。
「苦しんでいる人は、苦しいとは言わない、いじめられている人もそうは言わない。みんな大丈夫、元気だからと言う。それを汲み取って気づくのが私のようなプロの仕事なのだがそれが難しい。」と、北山さん。重い言葉でした。

加藤和彦物語5
帰り原宿駅前の歩道橋から



ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

thread: スナップ写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 4   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/03/10 21:56 | edit

始めまして

何時もblog拝見させて頂いて降ります(読み逃げで申し訳有りません)。
自ら気に入った写真が撮れない為、写真の上手な皆さんの所を徘徊して
降ります。
今回は、北山修 と言う名前にコメントを残さずにいられなくお邪魔しました。
北山修さん、フォーククルダース解散後、札幌におられましたよね。
北山、加藤、はしだ、大好きでした。伊勢さんもですね。
記事にも書かれていましたが、私は「あの素晴らしい愛をもう一度」のイントロが
大好きで、何時も背筋が伸びて耳を澄まして聞いていた事を思い出します。
当時北山さんのライブを録音したLPを何度も聞いていた事も思い出します。

へぇー、今はその様な活動されていたんですね。
今日は懐かしい名前を思い出させて頂、とても嬉しかったです。


だーさん #JalddpaA | URL | 2013/03/10 22:15 | edit

Re: タイトルなし

りー さん
きっと、私たちは日々の暮らしに追われて忘れてしまっても、今日のような機会に被災地に気を向けることが大事なのでしょうね。周囲の人の心を思うことは、きっと自分のためになることのような気がしています。
いつもありがとうございます。

だちょう #- | URL | 2013/03/11 18:19 | edit

Re: 始めまして

だーさんさん
こちらこそ、いつも読み逃げで申し訳ありません。
北山修さんに反応してくれる方がいてうれしいです。
札幌はインターンをされていた場所ですね。
「あの素晴らしい愛をもう一度」のイントロの12弦、加藤さんは自分が弾いていたといぜん言っていましたが、どうやら石川さんが12弦だったようですよ。どちらが弾いていたにしてもすばらしいイントロですし、私には弾けません。
ライブのLPは「ばーすでいコンサート」のことだと思うのですが、私も、擦り切れるほど聴きました。
はしだのりひこさんは新生フォークルに参加していませんが、北山さんが連絡とろうとしているのですが、体調が良くない様子で連絡できないそうです。心配です。
これからもよろしくお願いします。

PS90歳になっても歌っていたいと言っていました。こちらも、それに付き合えるよう元気でいたいものです。

だちょう #- | URL | 2013/03/11 18:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinefunne.blog.fc2.com/tb.php/415-5eef9fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

<>