fc2ブログ

ザ・ドクター 

the DOCTOR

2021年12月19日13時開演

大竹しのぶが観たくて行ってきました

医療研究所の所長の医師ルース(大竹しのぶ)が少女の死に際し両親の依頼で来院した
カトリックの牧師(益岡徹)の面会を拒否したことをきっかけに、窮地に立たされることに
宗教・ジェンダー・階級社会など様々な問題がルースを追いこんでいく
討論劇であり山のようなセリフが飛び交います、処理しきれないうちに次の問題、視点に
移行していきます
終演近くルースと牧師の会話になるとゆったりと落ち着きますが、ここが素晴らしかった
そして最後に待っている・・・・・やっぱり、大竹しのぶはすごかった

黒人の役を白人が演じるイギリスの脚本を日本人が演じる
男性の呼び名の役を女優が演じるなど先入観を否定する仕掛けがあり
現代を映しとめた脚本がいいのでしょう

もちろんほかの役者も良かった
それにしても橋本さとしさんは何回目だろう、よく松本に来てますね

何かとんでもないものを見た気がして、いまだにふっと場面が浮き上がります


3回目のカーテンコールからオールスタンディング
客席の照明がついても拍手が鳴りやまず結局5回


人間である前に医師であるという主人公が医師で亡くなった時何者であるのか
職業・地位などはもちろん性別・人種なども含めてすべての属性ををはぎ取った時何が残るのだろう

とてつもない孤独感と絶望感に胸がつぶれてしまいそうな舞台でした



訪問ありがとうございます
ポチッとお願いします



にほんブログ村




category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinefunne.blog.fc2.com/tb.php/3321-0c53dcb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示