fc2ブログ

蓼 ―たてしな― 科 の   風 光

行ってきました FESTA松本2021

いよいよ始まったFESTA松本2021

昨日10月9日行ってきました

まずはこちら

上土劇場

開場まで歩く間FESTA松本2021のフライヤーを手にし歩いている人たちとすれ違うとなんとなくうれしくなります

観た作品は

西の人気者1

100年以上昔の脚本なのに今に通じるテーマでした
いや、今のほうより強く世の中に蔓延しているようにも思います

若いキャストとベテランの俳優の作り出すアンサンブルが楽しい

床に土を引き詰めた舞台や照明の美しさはさすがです

息子

続けて『Le Fils 息子』

以前見て面白かった「Le Père 父」のフロリアン・ゼレールの作品なのでどうしても見たかったのですが

客席は女性ばかり、知らなかったけど岡本親子はそれほど人気があるのでしょうか

このお客さんたちがほかのFESTA松本2021にも興味を持ってくれるといいですね

「Le Père 父」にも出演していた若村麻由美さんはさすがの安定した演技ですが初めて見た伊勢佳世が
なかなかに素敵でした

次第に壊れていく息子に翻弄される父親と元妻と今の妻

感動の舞台でした 鳴りやまない拍手に3度のカーテンコール

ラストのちょっとしたフェイクにこの作家らしさが現れ、感情を高揚させるに効果的でした

1日に2本の演劇を見るのは初めてでした

そしてどちらも素晴らしかった、雰囲気もテーマも全く違うのにとても面白かった

この2つの舞台少し共通点があります、それは父子の役を実際の父子の役者が演じていることです

こんな いい日を過ごせたのもいくつもの公演があるフェスタ松本なればこそですね

そうそう、会場移動で歩いている途中さっきまで舞台で見ていた秋本奈緒美さんにばったりお会いし
立ち話をさせていただきました、失礼かと思ったのですが思わず話しかけてしまいました
茅野市民館で『そよ風と魔女たちとマクベスと』を見た時のもお話したのですが、(覚えていないでしょうが)
気さくに相手をしていただきました
これも町中フェスタ松本のおかげでしょうか

松本市民芸術館へ早く着いたとき「マリサ・サロメ」のリハーサル中で少し聞かせてもらいました、そっとね

これも見たいと思っていたのですが、『Le Fils 息子』と同じ公演時間で諦めたのでしたが
少しでも触れられてうれしかったです

上土劇場で「西の人気者」のあろあったチャラン・ポ・ランタン 唄とアコーディオンの姉妹劇場 in 松本はさすがに
断念しました

この辺がフェスの難しいところです、見たいものすべてに参加するのは難しい


FESTA松本2021はまだまだ続きます

わたしもまた観に行きます

皆さん
まだまだ参加できますよ


訪問ありがとうございます
ポチッとお願いします



にほんブログ村





  1. 2021/10/10(日) 11:23:21|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ススキの日 | ホーム | 天高く高く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cinefunne.blog.fc2.com/tb.php/3253-af98df1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

だちょう

Author:だちょう
ご訪問いただきありがとうございます
拙い写真ですが、蓼科の風景を楽しんでいただけたらうれしいです。
1ページに3件の記事を表示するようにしました。よかったらちょっと下をチェックしてください.

カテゴリ

写真 (1638)
コーギー (76)
花 (406)
ロケ地 (11)
御射鹿池 (ミシャカイケ) (229)
茅野市 (8)
私だけの宝物 (14)
女神湖 (17)
白樺湖 (41)
諏訪湖 (152)
聖光寺 (19)
杜鵑峡(トケンキョウ) (39)
蓼科湖 (26)
乙女滝 (69)
白駒池 (46)
諏訪は神の国 (112)
未分類 (192)
霧ケ峰 (145)
八子ヶ峰 (16)
大滝 (72)
多留姫の滝 (10)
伊勢神宮 (11)
車山 (39)
醤油樽の滝 (3)
八島湿原 (70)
ライブ (103)
竜神池 (23)
ジィジ馬鹿 (42)
映画 (1)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

google.com, pub-2098108368318033, DIRECT, f08c47fec0942fa0