蓼 ―たてしな― 科 の   風 光

長野県 蓼科の風と光を写真にこめて、コーギーの「あんず」とともにお届けします

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 7 

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」

行ってきました千穐楽


「四谷怪談」

難しいことは抜きにして面白かった

今も昔も
この世も地獄も
大してちげぇはありゃしねぇ

「四谷怪談」 (2)

登場人物を血の通った人間として表現したうえで
歌舞伎の様式美を見せつける

役者みんなが輝いている

以下 思いつくまま

勘九郎のビルトアップされたからだに見とれ
「ONE SOUL」に大笑い

お梅 中村 鶴松の嫁入り行列の息をのむ美しさ
あまりの美しさにこの世のものとは思えず寒気がするほど

中村 獅童は「天日坊」の時よりすべてが良かった
ラストのけれんも素晴らしい これは勘九郎もすごかった

七之助もうつくしい、しっとりとした女性の魅力

扇雀素晴らしい
一番今回の演出に戸惑ったはずなのに、誰よりも理解し
体現しているよう
いるだけで、舞台が締まる

歩けない役の首藤 康之 スーツ姿で歩いていても
この人とわかるほど、姿・動きの美しさ

串田さん 2年後に帰ってくるとおっしゃってました
これまでコクーンで取り上げていない演目でさらに進化した
大歌舞伎を期待します

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」楽

それにしても千穐楽は特別ですね

客席にみんな降りてくれました
目の前に獅童・七之助
お練りの時とは全く違う人でした


内田紳一郎・片岡正二郎たちも出演していて
カーテンコールは串田さんもクラリネットをもって、自由劇場おなじみの生演奏 もう最高です!!!


今日の写真 1・2枚目は携帯電話の撮影 3枚目はお借りしました


ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinefunne.blog.fc2.com/tb.php/1540-a2a64f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

<>