FC2ブログ

少年と犬 

紅葉2020 (2)





少年と犬

「少年と犬」  馳 星周著 直木賞受賞作 読了

傑作でした

犬が様々な地で人と暮し次の地へと旅を続ける、連作短編です

犬は何もしませんただ、散歩のとき人の左に付き、人のペースに合わせて歩くように
ただ人に寄り添うだけです

様々な人生に寄り添い、それぞれの人はやすらぎをもらいます

馳のノワールな部分と犬を書くようになってからの優しさがうまくかみ合っています

犬「多聞」のはるか遠くの目的地の方角を見つめるシーンがたまりません

多聞は毘沙門天の別名、よく聞く者の意味だそううですが、この犬をよく表しています

わんこ好きはぜひ読んでください
そうでない人も楽しめますよ




ポチッとお願いします



にほんブログ村

関連記事

category: 写真

TB: 0    コメント: 0   

プロフィール

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示