FC2ブログ

「運び屋」 

「運び屋」

「運び屋」観てきました

久々のクリント・イーストウッド監督主演作品

「グラントリノ」と似ていると感じたが、脚本が同じ人でした
主人公と、クリント・イーストウッドが重なって見えるあたりがです

88歳の監督が90歳の運び屋を演じる何ともすごい人です

日本でも、高齢でも素晴らしい演技をする俳優さんはいても、
主演で映画を撮れる人はほとんどいない
商売にならないから?

クリント・イーストウッドのファンは一定数いるから、それなりに収益をあげられるのだろう
しかし「運び屋」はファンでなくても楽しめる いい映画です

クリント・イーストウッドらしい、突然襲ってくる強烈な演出はほとんどないが、
一回だけボスの場面があるが、そう大したショックではない

ショックだったのは、アンディ ガルシアが、誰だかわからないほど変わっていたこと
見た顔だが、誰だったかと悩んでしまった
コンスタントに映画には出演してるようなので、わたしがみていなかっただけなのだが
二人は初共演
この二人が、仲よく遊んでいるの観ていて楽しくなります

この映画がクリント・イーストウッド最後の監督主演作品になってしまうかもしれません

テーマは家族

お勧めです


ポチッとお願いします



にほんブログ村




関連記事

category: 未分類

TB: 0    コメント: 0   

春が 

春が

山梨から桜の便りが届いていますが

こちらは、ようやくの梅



ポチッとお願いします



にほんブログ村
関連記事

category: 写真

TB: 0    コメント: 0   

ショーケン 

ショーケンが亡くなった

速報を見てからずっと心がざわついている

大したファンでもないけど

「惚れた」から「Don Juan」までは、レコードを持っていて、一部はCDも持っている

主演映画は「化石の森」以外は見ている


熱狂雷舞

「熱狂雷舞」はベストアルバムだと思う


約束

「約束」は回数を覚えていないくらい見ている

数日前、「誘拐報道」が急に見たくなって探した




ショーケン

この自伝も、ミュージシャンの書くことは鵜呑みにはできないと、思いつつ面白く読んだ



NHKのドラマで、人を思いやる、優しい人物を演じていた

こんな役を演じるようになったという思いと、まだ何かやりそうな予感がしていた

謹慎中にお遍路を何回もしたとか、楽しそうに話すのを聞いた時も、瀬戸内寂聴に、救われたと
話していた時も、どこか心配してしまっていた

勝手に、自己破滅型のスターだと思っていて

何かあるたびに、いなくなってしまうのではと心配した

でも、最後まで現役で、みんなに惜しまれてステージを降りた

それだけで、幸せかもしれない

でも、早すぎる

まとまらない文章ですいません、喪失感がとんでもなく大きいのです



ポチッとお願いします



にほんブログ村

関連記事

category: 未分類

TB: 0    コメント: 0   

伏流 

伏流

伏流水が地表に現れ

流れを作る




ポチッとお願いします



にほんブログ村
関連記事

category: 写真

TB: 0    コメント: 0   

TCC 

TCC






TCC2019の予選が終わり、出場チームが決定したようですが

昨年のTCCの様子が地元ケーブルテレビ LCVで放送されました

昨年も1時間にまとめたものが放送されたのですが、今回は前半・後半に分けて

4時間番組という力の入れよう

すべての対戦を、審査員のコメントも含めての放送

当日の会場の雰囲気と、1枚1枚の写真を思い出します

今年のTCCは予選から盛り上がっていますから、9月の大会は

去年以上に緊迫した戦いが繰り広げられるのは間違いなさそうです



ポチッとお願いします



にほんブログ村


関連記事

category: 写真

TB: 0    コメント: 2   

最後の霧氷 

最後の霧氷

この日が最後の霧氷になるのでしょう

水面にはケアラシ



ポチッとお願いします



にほんブログ村
関連記事

category: 御射鹿池 (ミシャカイケ)

TB: 0    コメント: 0   

プロフィール

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

<>