FC2ブログ

八島湿原 2013 草紅葉 

八島湿原

草紅葉が始まっています



八島湿原 2013 草紅葉




八島湿原 2013 草紅葉_1




八島湿原 2013 草紅葉_2




八島湿原 2013 草紅葉_3




八島湿原 2013 草紅葉_4

ここはもう 秋本番

心地よい秋の風をお届けします


ポチッとお願いします



にほんブログ村
関連記事

category: 霧ケ峰

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 6   

蓼科高原映画祭 2013 

cinema_rakugo.jpg

昨夜 立川志らくさんのシネマ落語を聴きに行きました

2部構成で 途中休憩を挟んで2席?

前半は「死神」

枕は師匠である立川談志ネタ 声色も良く似ていて

後半 時間があるからと「ぞろぞろ」
   その後、「犬の目」と「義眼」を合わせたような話をダイジェストでちょこっと話してから

いよいよ シネマ落語 「人情医者」(素晴らしき哉、人生!より)
 
シネマ落語とは 洋画を日本の江戸時代・明治、大正に舞台を移して、落語に翻案したものだそうです

面白いのは、映画の天使が死神に変えてあるのですが、「死神」で演じた死神がここにも登場します
このために、前半「死神」を話してくれたのかと
すると、「ぞろぞろ」は? 
小間物屋の親父はそのまま「人情医者」に登場しますし(茶店の老夫婦を親父と娘に変えてありました)
「ぞろぞろ」の話そのものが織り込まれています
面白い趣向です ほかの話のキャラが違う話でも活躍するのは、落語では珍しいですよね


私は、話は江戸に置き換えられているのに映画の場面が浮かんできて不思議な体験をしました
「素晴らしき哉、人生」を観てないでこの話を聞くとどうなのでしょうか、
きっと、よくできた人情話と感じられたと思います

話もうまくまとまっていて、物語に引きずりこまれるように楽しめました


頭に白いものがあり、志らくさんおいくつかと調べたら、50歳に手が届きそう
昔、談春さんと一緒のTVを見ていた頃からもうずいぶんたってしまったのだと、
妙な感慨に・・・・・・

来年も蓼科高原映画祭に来てくれるといいなァ


余談です

猪瀬都知事の笑顔云々は、猪瀬さんが、長野県出身なのをご存知なのでしょうか
ご存知だったならもう一ひねりできたのでは?
談志さんのけんかのエピソードは、長野県なら例の裁判沙汰になった事件があったのに
あまり生々しくてネタにするのは難しいか

ポチッとお願いします



にほんブログ村
関連記事

category: ライブ

thread: 落語  -  janre: お笑い

TB: 0    コメント: 0   

乙女滝 2013 9月その2 


乙女滝のつづきです

きのう同様、似た写真が続きますがお付き合いください

時間の経過順ですので、夕日の移り変わりを楽しんでください


乙女滝 2013 9月その2

滝の下部です

ほとんど真横から日が差し込みます




乙女滝 2013 9月その2_1

上の写真から時間が経過して、下のほうは光が翳ってしまいました




乙女滝 2013 9月その2_2

はるか遠くに南アルプス

天空の滝をイメージしてみました




乙女滝 2013 9月その2_3

日がほとんど沈み、滝の上部少しだけ光が残っています

日陰の水の青さと、残照で色づいた水の違いが面白いかと・・・・


ポチッとお願いします



にほんブログ村

関連記事

category: 乙女滝

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 6   

乙女滝 2013 9月 

夕日の乙女滝です




乙女滝 2013 9月_2





いつもの様に似た写真が続きますがご容赦願います

乙女滝 2013 9月_1

岩にたたきつける滝





乙女滝 2013 9月

滝の音を感じてもらえたらうれしいです





乙女滝 2013 9月_3

滝の下の流れに、傾いた日の光が差し込みます



ポチッとお願いします



にほんブログ村



関連記事

category: 乙女滝

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 2   

諏訪湖まちじゅう芸術祭 2013 その5 

諏訪湖まちじゅう芸術祭の続き


まずガラスの里


諏訪湖まちじゅう芸術祭 2013 その5

詳しくはこちらから
SUWAガラスの里 

美術館・博物館の記事を書いて困るのは、展示品の写真が撮れないことです
ここは建物の写真だけでごめんなさいです

ガラス工芸作品を展示しています

体験工房が充実しているそうです



すぐ前の諏訪湖の様子

諏訪湖まちじゅう芸術祭 2013 その5_1

四手網漁の仕掛けです

この網を湖に沈めて魚を獲ります


諏訪湖まちじゅう芸術祭 2013 その5_2

中央の白いのはシラサギです

台風で流されたヨシなどのごみの島に、一羽とまっています



次は
原田泰治

詳しくはこちらから原田泰治美術館




諏訪湖まちじゅう芸術祭 2013 その5_3

原田泰治さんは先月 さだまさしさんとのトークライブでお話を聴いたばかりです


駄菓子

現在「日本ふるさと味紀行」 と言う企画展が開催中でした


諏訪湖まちじゅう芸術祭 2013 その5_4

館内から諏訪湖を・・・親子が秋の諏訪湖を楽しんでいらっしゃいました


15施設全部を回れませんでしたのでこれで今年の諏訪湖まちじゅう芸術祭はおしまいです


ポチッとお願いします



にほんブログ村
関連記事

category: 写真

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 2   

諏訪湖まちじゅう芸術祭 2013 その4 

今日は

イルフ3 の、お話です


武井武雄さんは岡谷市の出身で、こどもにこそきちんとした絵画の絵本を読んでもらうべきとの考えから「童画」と言う言葉を作り、それまで添え物的だった絵本の絵を芸術作品まで高めようとした作家です

武井武雄さんの作品を集め、展示しているのが「イルフ童画館」ですイルフとはフルイの逆読みなので「新しい」の意味です、これも武井さんの造語です

まちじゅう芸術祭 2013 その4


館内は撮影禁止ですから、作品をお見せできないのですが


HPからお借りした写真を

2イルフ

何か、懐かしい絵じゃありませんか

もうひとつ

イルフ童画館近くの丸山橋の手すりにある作品

まちじゅう芸術祭 2013 その4_2


まちじゅう芸術祭 2013 その4_1


キンダーブックに作品が載っていたので、子供の頃見た記憶が頭の奥にあるからでしょうか懐かしいのです


イルフ

この写真は「刊本」といって、300冊限定で制作され頒布された、絵だけでなく本全体が芸術作品ともいえる本です
材質・装丁・製本すべて含めて彼の作品です全部で130冊以上あるそうです


余談です

私が武井武雄さんを知ったのは、高校の美術の先生からでした
「刊本」も何冊か見せてもらいました

この先生から教わったのは武井武雄さんだけではなく 横尾忠則・粟津潔・宇野亜喜良や 安野光雅など、(もちろんピカソそのほかの世界の巨匠もですけど) 絵画を見たり絵本を読んだりするようになったのは、この先生の影響です、卒業してからもお世話になりました

この先生が「イルフ童画館」の初代館長です



「イルフ童画館」はモーリス・センダックの作品も収集展示しています

かいじゅうたちのいるところの原画があったりします

センダック


今は「くまのがっこう 絵本原画展」の企画展を開催中

kumanogako04.jpg


くまさんと写真を撮ろうコーナーがありまして・・・

まちじゅう芸術祭 2013 その4_3

「まる」大喜びです



ポチッとお願いします



にほんブログ村
関連記事

category: 写真

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 2   

プロフィール

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示