fc2ブログ

諏訪大社下社秋宮ライトアップ 

秋宮ライトアップ (4)

新型コロナワクチン接種の副反応で、発熱、
大した体温ではないのに、だるいことだるいことひざから下が重くて

頭痛もなかなか収まらなく、ようやく少し動く気になってきました

下熱剤を服用していたのに、つらいねぇ




そんなわけでアップが遅れていた諏訪大社下社秋宮ライトアップの写真です

14日で終了してしまいました



秋宮ライトアップ (2)

ライトアップは22時まで、社務所は20時まで開けていました

ただ、もう少しライトアップの仕方を考えたほうがいいと思います

色は数種類に変化するのですが、色合いや、光量などかなり刺激的です


最後に一番強烈だった色の写真をせっかくなのでお届けします


秋宮ライトアップ (3)

参拝客は大勢いたので、集客の面では大成功でしょう



訪問ありがとうございます
ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 諏訪は神の国

TB: 0    コメント: 2   

諏訪大社上社本宮 

上社本宮

諏訪大社上社本宮

手前から、改修が終わった布橋の柱、本宮二の御柱、そして大ケヤキ



上社本宮 (3)

布橋の奥に見えるのは本宮一の御柱


訪問ありがとうございます
ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 諏訪は神の国

TB: 0    コメント: 0   

本宮一の御柱 

本一

アップし忘れていた御柱の写真です

御柱祭の後、地固めも終わり整った御柱を見てきました

この時神職さんからお聞きしたのですが、御柱を立てる位置は少しずつ
変化しているそうで、本宮一の柱は古い図面を見ると石段の右側に印があるそうです
それほど違うとは思っていなかったので、驚きでした



本一 (2)

表参道には間が御柱の通った跡がくっきり残っていました

早いものであのお祭からもう一月たってしまったのですね

2000枚近い写真まだ整理がきちんとできていないので、忘れないうちに済ませないといけないですね


訪問ありがとうございます
ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 諏訪は神の国

TB: 0    コメント: 0   

諏訪大社上社御柱祭 2022 その15 本宮一里曳き  

長い間お付き合いいただいた 諏訪大社上社の御柱祭 今日でおしまい

これまでアップできなかったものをお届けします


2022 その15 (9)

御柱の周囲で降っているカラフルなおんべ 豊平は赤色 玉川は黄色です

同じおんべでも、こちらは少し違います

木材をかんなで薄く引いて作っています、この技術も継承しています

2022 その15 (2)

今回ほとんど見れなかった、騎馬行列ですが、少しだけ撮影しました

2022 その15 (3)

楽しそうですねぇ

2022 その15 (6)

こちらは人力車で

2022 その15 (4)

2022 その15 (7)

道中の最中、いろんな芸を見せてくれます

2022 その15 (5)

草履取りの男の子

2022 その15

曳行を元気づけたり盛り上げてくれたラッパ隊 豊平・玉川一緒に演奏してくれました


2022 その15 (8)

豊平・玉川の旗竿は青竹を使うのが伝統です

竿を持ち上げ道路に打ち付け、音を出して景気を付けます

曳行がお休みになると、女性や子供を竿につかまらせ、上下させて楽しませてくれます


2022 その15 (10)

「お舟」はお迎えの仕事を終えて、拝殿の前に収まっていました


さて、明日からは 諏訪大社下社の御柱祭 里曳きです

何事もなく無事に柱が建つといいですね


訪問ありがとうございます
ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 諏訪は神の国

TB: 0    コメント: 2   

諏訪大社上社御柱祭 2022 その14 本宮一里曳き  

御柱祭 三日目 5月5日 建御柱

いよいよクライマックス 御柱が立ち上がります

「奥山の大木 里に下って神となる」



御柱祭 2022 その14

冠が落ちたからすぐ建御柱にはなりません、建てるための準備がまた大変

神官がおいでになり、柱に綱を取り付けます

人が乗るための足場をいくつも作り、建てるためのワイヤーと綱も用意します


御柱祭 2022 その14 (2)

準備完了するとこんな様子になります

てっぺん男も位置につき、いよいよ立ち上がり始めます


御柱祭 2022 その14 (3)

ワイヤーはこの車地(シャチ)で巻き取り、ゆっくりゆっくり上がっていきます

私は数十年前、建て方(御柱を建てる、担当)をしました
その時車地を回したのですが、ほとんど重さは感じません
ただ、ゆっくり回すことを何度も注意されました、巻くのと止める指示を
見落とさないよう、もうひとつあった車地とのバランスを取りながら歩いたのを思い出します




御柱祭 2022 その14 (4)

半分ほど上がったでしょうか

乗っている人たちもまだゆとりがあります

ただ油断はできないので、今回も巻き始めてすぐワイヤーが緩み
数人が落ちた柱があったそうです(大きなけがにはなりませんでした)


御柱祭 2022 その14 (5)

建ちあがりました

通例ですと、くす玉を割ったり、大きなクラッカーをなどイベントがあり

さらに「宝投げ」で盛り上がったりしますするのですが、今回は自粛です

少し寂しい、建御柱になりましたが、ラッパ隊がいつ終わるともない

素晴らしい演奏で盛り上げてくれました


御柱祭 2022 その14 (7)

柱に乗ていた人たちも一人一人パフォーマンスをしながら降りてきます

観客から大きな拍手が、そして仲間に胴上げされます



御柱祭 2022 その14 (6)

観光客の方々はかえり始めますが、境内では木遣りやラッパが終わりません

また七年待たないとならないから、名残惜しいのでしょう


御柱祭 2022 その14 (8)

祭が終わって、夕日が傾き・・・


訪問ありがとうございます
ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 諏訪は神の国

TB: 0    コメント: 0   

プロフィール

フリーエリア

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示