蓼 ―たてしな― 科 の   風 光

長野県 蓼科の風と光を写真にこめて、コーギーの「あんず」とともにお届けします

枯葉に流れて  

多留姫の滝のつづき



枯葉に流れて (2)


滝の上方から見下ろしてみました

足元が悪いので注意して入ってみました、雪があるとさすがに入れないので
ここからの絵は初めてです



最後までお付き合いいただきありがとうございます



にほんブログ村

category: 醤油樽の滝

TB: 0    コメント: 0   

醤油樽の滝 2013 6月 その2 

この滝は最近教えてもらったばかりなので私も初めてです

醤油樽の滝 2013 6月 その2
上部が少しかけていますが、醤油樽の滝のほぼ全景です


醤油樽の滝 2013 6月 その2_7

もう少し滝に向かって右に移動してみると

滝の左側が大きくくぼんでいるのが分かると思います


このくぼみに入り込んで滝を見上げると

醤油樽の滝 2013 6月 その2.1
こんな、感じ



醤油樽の滝 2013 6月 その2.3
樽の底から見上げているような・・・・・醤油樽の滝の名前の由来なのでしょう




醤油樽の滝 2013 6月 その2.4
滝からの帰り夕日に沢が輝いています



醤油樽の滝 2013 6月 その2.6



醤油樽の滝 2013 6月 その2.5
自動車で移動できる区間もこんな景色が続きます


道路は一車線しかなく、ところどころに退避場がある程度ですし、路面も良くありません
急坂を上り下りします

遊歩道も、ピンクのテープが巻いてあったり、トラロープも張られていたりと整備されていますが、服装や装備はやはりきちんとしたほうがいいです。散歩気分ではやめたほうがよろしいかと思います

冬はきれいな氷瀑になり、アイスクライミングでは有名な場所だそうです

ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 醤油樽の滝

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 0   

醤油樽の滝 2013 6月 

醤油樽の滝



醤油樽の滝 2013 6月
醤油樽の滝入り口の看板から遊歩道に入るとすぐ沢につきます

沢沿いの遊歩道を進むと

こんな花たちが迎えてくれます


醤油樽の滝 2013 6月.1
いくつかの小さい滝を過ぎて

これは二の滝

落差10メートルだそうです



醤油樽の滝 2013 6月.2



そして、遊歩道の最後に
醤油樽の滝 2013 6月.3
醤油樽の滝

高さ35メートル







醤油樽の滝 2013 6月.4
見上げると滝の上の狭い空間に青空が

この滝の魅力は周囲の形状かもしれません


この項 続きます



ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: 醤油樽の滝

thread: 風景写真  -  janre: 写真

TB: 0    コメント: 0   

プロフィール

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

<>