蓼 科   の   風 光

長野県 蓼科の風と光を写真にこめて、コーギーの「あんず」とともにお届けします

「Kテンペスト」2017 

「Kテンペスト」2017

25日 まつもと市民芸術館で

「Kテンペスト」2017を見ました

2014年の舞台の再演です

前回は門脇麦さんが舞台でどんな演技をするのか見たいという、よこしまな考えでしたが
今回は、再演でどこが変化したのか見たくて行ってきました

舞台の様子は

Kテンペスト20142014

この前回の写真とほぼ同じです
中央の四角いスペースが舞台でそれを囲むように四方に客席があります
舞台上にもいすが置いてあり、ここにも座って観劇できます
この、空間に入るには客席の下にある
躙り口のような入り口を潜り抜けます
この時、いままでの現実の世界から、不思議な世界に足を踏み入れることになります
観客が入った場所は、舞台ですからこの舞台を歩いて進まないと、席に着けません
さらに、入場が始まるときには舞台の上には出演者の数人がすでにいて
入場を誘導したり、挨拶をしたり、雑談を仕掛けてきたりします
日常からハレの場へ引きずり込まれていくと
串田さんがクラリネットをすごくさりげなく やさしく吹きはじめます(ずっと聞いていたいぐらい)
雑談をしていた観客と見えた人が実は役者さんだったり
もう楽しくてワクワクしていると、突然劇が始まります

劇をきちんと評論できる力があればいいのですが、そんな能力はないので気になったことを
ネタバレにならないようにすこし話します

始まってしばらくすると、一人は言うはずのセリフを4・5人一緒に話し出します
それも、わざとタイミングをずらしたり、声の高さを変えたり
コーラスを聞いているようでもあり こだまを聞いているようでもあり
とても面白く、美しく感じました
けれど、これがずっと続いたら疲れるなと思っているうちに終わります
とても、面白かったので他の場面でもやってくれたらと思いました

前回音楽は飯塚直さんと下地さんの二人だったと思いますがギデオンさんと万里紗さんが加わり
コーラスが美しくとても心地よかった、楽器も加わり音楽だけでも十分魅力があります
ほかの、ダンスや歌の部分も含めて音楽劇の音楽の部分はとても充実したと思います

実はミランダ役の大鶴美仁音さんはつい先だって「挽歌」で、見たばかりでした
(ここからは素人の発言です失礼は勘弁してください)
「挽歌」では目立つ女優さんだけど、妙に浮いているように思いました
ところが今回見てびっくり
どうしてこんなに違うのだろうと、本当に驚きました
リアルな芝居でリアルさ感じなかった女優さんが、「Kテンペスト」の夢のような不思議な舞台で
リアリティーのある芝居を見せている不思議でした
これも串田マジック?

前回の舞台より夢の中を浮遊しているような気持ちよさと不安定さを強く感じました
水夫の夢の中にはいて夢を見ている登場人物を、夢心地で見つめていました

本来ロマンスがテーマなのでしょうが、自分たち親子を裏切り死に追いやろうとした者たちを
許す物語なのでしょうか

この芝居がこれから 伊那・飯田・長野を回って、横浜に漂着するときにはどんな芝居になっているのでしょうか
横浜で見られる皆さんがうらやましいです



ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

さだまさし 

さだまさし コンサートツアー 2016「月の歌」に7月24日行ってきました

さだまさし コンサートツアー 2016

久しぶりの「さだ」さん

まつもとのコンサートは4年ぶりだそうだが
2013年11月に中村勘三郎丈の追悼の会で
ものすごくすごい「さだ」さんを聞いているから
3年ぶりでしょうか

お母さま、恩師、ギタリスト多くの別れを経て
今回は生命がテーマ

中でもアンコールの「遥かなるメリークリスマス」は
深い思いを言葉にせず、歌に込め
圧巻のパフォーマンスでした
この1曲を聞けただけでも今回のコンサートは大満足です



さだまさし コンサートツアー 2016_2

ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 2   

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 7 

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」

行ってきました千穐楽


「四谷怪談」

難しいことは抜きにして面白かった

今も昔も
この世も地獄も
大してちげぇはありゃしねぇ

「四谷怪談」 (2)

登場人物を血の通った人間として表現したうえで
歌舞伎の様式美を見せつける

役者みんなが輝いている

以下 思いつくまま

勘九郎のビルトアップされたからだに見とれ
「ONE SOUL」に大笑い

お梅 中村 鶴松の嫁入り行列の息をのむ美しさ
あまりの美しさにこの世のものとは思えず寒気がするほど

中村 獅童は「天日坊」の時よりすべてが良かった
ラストのけれんも素晴らしい これは勘九郎もすごかった

七之助もうつくしい、しっとりとした女性の魅力

扇雀素晴らしい
一番今回の演出に戸惑ったはずなのに、誰よりも理解し
体現しているよう
いるだけで、舞台が締まる

歩けない役の首藤 康之 スーツ姿で歩いていても
この人とわかるほど、姿・動きの美しさ

串田さん 2年後に帰ってくるとおっしゃってました
これまでコクーンで取り上げていない演目でさらに進化した
大歌舞伎を期待します

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」楽

それにしても千穐楽は特別ですね

客席にみんな降りてくれました
目の前に獅童・七之助
お練りの時とは全く違う人でした


内田紳一郎・片岡正二郎たちも出演していて
カーテンコールは串田さんもクラリネットをもって、自由劇場おなじみの生演奏 もう最高です!!!


今日の写真 1・2枚目は携帯電話の撮影 3枚目はお借りしました


ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 6 

串田さんのお仲間たち


信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 6 (2)


仏孫兵衛  大森 博史

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 6 (3)

四谷左門  真那胡 敬二

お二人とも、松本ではおなじみ


信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 6 (4)

花束を受け取って笑顔の 中村 獅童


信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 6

万歳に見えますが、木やりに合わせて掛け声です


明日は千穐楽 見に行ってきます


なので、予約投稿になります



ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 5 

松本城 市民ふれあい座

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 5 (2)

国宝 松本城天守閣の前にステージが作られています


信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 5

演出・美術  串田和美さんのご挨拶から
まつもとでは、串田さんの人気はすごく、拍手も声援も一際大きくなります


ふれあい座には行列の参加しなかった役者の方もステージに上がります

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 5 (3)

小仏小平  中村 国生

松本ははじめてでしょうか?

信州・まつもと大歌舞伎 「四谷怪談」 5 (4)

勘三郎さんが中村屋の三男と呼んだ

お梅 中村 鶴松


ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

プロフィール

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

<>