FC2ブログ

空中キャバレー2019 2 

空中キャバレー2019_R





昨日(7月21日)「空中キャバレー2019」の3日目に行ってきました

ゲストが、石丸幹二から、チャランポランタンに変わりました

20日には、ステージにいましたが、

説明が必要ですね(ネタバレも少し含まれますからご注意ください)

「空中キャバレー2019」は、中央に広場がありその周囲に階段状の客席が少しあります

広場に観客は招き入れられると、COBAの乗った、短管で組まれた簡単なステージが観客の集団に

移動してきます、ステージが移動できるよう、スタッフ・キャストが、観客を誘導します

モーゼの紅海のように、道が開け、観客の真ん中で演奏が始まります

この場所で、サーカスや、ジャグリングが行われるときは、観客は、輪の外で座り鑑賞します

ゲストのステージは、中央に直径2メートルほどの場所を確保しその周囲にみんな座り、

ゲストのパフォーマンスを見ることに、

手が届きそうなところで、石丸幹二やチャランポランタンが歌ってくれるのです

20日には、ステージにいましたが、に戻ります

21日は、客席で見ました

みんなと一緒に踊ったり、すぐ目の前で繰り広げられるのを楽しんだのと違い

全体を見渡すと、昨日見落としていたことに築いたり、キャストの動きを追ったりと、

別の、楽しみ方ができました

もう一つ気づいたのは、進行に従い動く観客も、このステージの一部だということです

ステージを手拍子や声で盛り上げるのはもちろん、知らない人と手をつないで踊ったり

移動するのも楽しそうです、この観客も含めて 、空中キャバレーなんですね

その様子を、客席から眺めるのも楽しいですよ

そして、20日と小さな部分ですが変更がありました、こうやって毎日より良いものを目指して作り上げているのでしょう

千穐楽はどんな舞台になるのでしょう



空中キャバレー2019 2
TCアルプ フォトブック


入場すると、マルシェがあります、キャストの皆さんがグッズを売ったりしているのですが

もちろん、このために出店されているお店もあります

TCアルプの皆さんは見世物小屋?をオープンしていますが、

グッズ販売もしています

急遽製作が決まったため間に合わなかったフォトブックを予約しておいたのですが、

昨日は出来上がっていて手に入れられました

「空中キャバレー2019」は、7月28日まで、まだチケットがある日も

どなたでも楽しめる、イベントです


ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

空中キャバレー2019 

空中キャバレー2019

空中キャバレー2019

二日目公演 行ってきました

写真のカーテンの向こうは、非日常の別空間

いつものキャストが、いつものパフォーマンス

しかし、すべてがレベルアップしている

より楽しく、より怪しく、よりスリリングに

音楽、サーカス、芝居、笑いすべとを詰め込んで 夢の中を彷徨うようで

それにしても、石丸幹二 はサックス吹いて、キャバレーのメドレーを歌う
素晴らしいステージを
それを、すぐそばで、聞ける(手を伸ばせば届きそう)なんという贅沢

開演前や休憩時間も、キャストがマルシェでモノを売ったり

コバから、飲み物を手渡されるんです

石丸が、缶バッジを売っているんですよ

トータル3時間、大満足

TCアルプのみんなも大活躍

観てるだけなのにこんなに疲れる、演者の皆さんはどれだけ大変だろうとおもいます

ここまで、観客を楽しまそうとするイベントは珍しい、



ポチッとお願いします



にほんブログ村





category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

山下達郎 PERFORMANCE 2019 

山下達郎2019_

昨晩行ってきました

 山下達郎 PERFORMANCE 2019


毎回素晴らしいステージで楽しませてくれるのですが、

今回は、さらに上行くライブでした

大瀧ファンにもまりやファンにもサービスも含め

セットリストを載せたいぐらい素敵な選曲と曲順

少々鼻声だったように最初感じたのですが、どんどん歌声が良くなり

さすがに、最後は声が枯れたといいながら、1曲追加の大サービス

こちらはすっかり声も戻っていました

11年続けてきたバンドのメンバーとの信頼関係 一体感

決して客席をあおったりしないのに、会場が揺れるような歓声

本当に素晴らしいライブでした

大瀧さんの話で胸が熱くなり、その後の曲で 気が付けば、涙が流れていました

ライブの感動で、こんなことになるとは 

ネタバレしないよう気を付けているので、思うように伝えらえなくで歯がゆい

今回はすごくいい席を取れたのですが、当選するのが難しいプラチナペーパー

こんなことを書いてさらに、チケット購入ができにくくなると困るのですが、

我慢できずに書いてしまいました

3時間30分のパラダイスでした


ポチッとお願いします



にほんブログ村



category: ライブ

TB: 0    コメント: 4   

「串田孫一・山のパンセ 緑の色鉛筆」 

山のパンセ

いつものように、行こうかどうかさんざ悩んで、行くことにしました

「串田孫一・山のパンセ 緑の色鉛筆」

やっぱり、体験しないことには何も始まらないです

すてきな時間を過ごせました

串田和美さんが串田孫一さんの本を朗読する
孫一さんの思いを和美が伝えているのだけれど、聞いているうちに
逆なのかもしれないという思いに取りつかれ、不思議な気分で聞いていました

さらに、ギターとリコーダーがはいると、夢の中にでもいるような
奇妙な空気の中で揺れながらトリップ

JAZZの演奏は素晴らしく
アドリブのギターにリコーダーの低音が載っていき
途中から、小林聡美さんの手拍子が加わり、串田さんもスキャット?で参加
なんとまあ、11拍子のこの曲はすべて打ち合わせなし、本番で突然の出来ごとだったそうです

凄いものを見させて、聞かせていただきました


いってよかった



ポチッとお願いします



にほんブログ村

category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

Kテンペスト2019 

190519_110403.jpg

Kテンペスト2019 まつもと千穐楽 観劇しました

とにかく、面白く楽しいお芝居でした

前回まで、ストーリーが入ってこなかったのですが、今回はすんなり理解できました
なぜだろう

開幕直後の、畳みかけるようなセリフの掛け合いは、すごかった、大好きな場面です


音楽の部分は、さらに厚くなり尾引浩志のホーメイを加え、3人の女声が素晴らしく
聞いていてゾクゾクしました
そこに串田のクラリネットが加わったりして

各席に座っているとき、机?の下にいるときすべての場面でも、役者の皆さんは
すてきな目をしていました


この芝居を見ると、いつも思うのですが、この狭い空間で体験できることの、幸せ、贅沢さ

少しでも多くの人に感じてもらいたい

東京公演も控えています、すばらしい空間を空気を体験してください


category: ライブ

TB: 0    コメント: 0   

プロフィール

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

<>